コタコタのプロダクト

leaflet150127

コタコタのプロダクトを紹介するリーフレットができました。

下記からダウンロードできます。

leaflet

商品の問い合わせは下記からお願いします。

【問合せ先】

社会福祉法人 視覚障害者支援総合センター

就労継続支援B型 チャレンジ

東京都杉並区上荻2-37-10 Keiビル

TEL 03-5310-5052 MAIL mail@kotakota.jp

 

コタコタの印刷について

10446202_495306010599322_137071145999129927_o 10504810_495306007265989_2848460912448064481_o

亜鉛の版に凹凸をつけて、点字は印刷されますが、

その方法はいくつかあります。

ピアノみたいに鍵盤を押すとその文字(音)の凹凸が
自動的に打てる機械や(前回の写真がそうです)、
今回の写真のように「針」のようなものと、
その対となる「受け」の2種類をセットして、1点ずつ打つもの。

前者は教科書とか文字をたくさん印刷するのに適していて、
後者は細かい絵や図などを印刷するときに使います。
針のサイズなどを調整して、点の大小を描きわけることもできます。

これを組み合わせるともう一枚の写真のように、
模様なども描くことができるのです。

ちなみにこの針は佐藤さん(版作りの職人さん)の手作りのものも
たくさんあるそうです。

コタコタについて

10387082_494853387311251_6477838952906784310_o

コタコタは点字印刷をしているチャレンジとデザイナーが一緒に点字印刷を使った新しいプロダクトを生み出す試みです。

点字印刷、あまりなじみのない印刷方法かもしれません。

2枚重ねた亜鉛の板に写真のような印字する機械を使って、
少しずつ凹凸を付けていきます。

この2枚の板の間に紙を挟んでプレスすることで、
紙にも凹凸がついて、点字印刷は完成します。

インクも熱も使わない、とてもシンプルな構造の印刷方法です。

ててて見本市2015に参加します

コタコタプロジェクトとして、初の発表会。

ててて見本市2015に参加します。

なにしろ、初めての展示会。

すこしでもコタコタプロジェクトをつたえるべく、三日間がんばります。

以下、ててて見本市の概要です。

 

 

『ててて見本市2015』開催いたします!

ててて見本市2015の開催は2/4〜6となります。

東雲TOLOTという新しい会場に、75組という過去最多の作り手が集います。きっと良い3日間になるはずと信じて、各地の出展者も準備のピークを迎え、私たち運営チームも日夜を問わずドタバタと準備を進めています。

 

「伝え手」となるバイヤーやプレス・メディアの皆さん、

「作り手」であるデザイナーやメーカーの皆さん、

「支え手」である行政はじめ支援組織の皆さん、

 

すこし冷え込むらしい東京ではありますが、熱い作り手の集う会場にぜひお越しください。

 

<会場>

TOLOT/heuristic SHINONOME

〒135-0062 東京都江東区東雲2-9-13 2F
りんかい線東雲駅 A出口から徒歩5分
※駐車場のご用意はございませんので、公共機関等のご利用をお願いいたします

 

<入場について>

事務局および出展者から招待状の送付がない場合で、入場招待状をご希望される方は下記フォームURLよりご応募ください。

*商品展示会のため、一般の方の入場はお断りしております。
*フォームより応募いただいても事務局で入場対象と判断できなかった場合は招待状の送付を行わない場合があります。
*招待状は3~5日程度で記載メールアドレスに送付いたします。

 

<応募フォームURL>

http://bit.ly/tetete2015invitation